女性が喜ぶ!退職祝いのプレゼントとは?

女性の会社員

女性の退職の場合、定年だけでなく結婚や出産、転職に独立など様々な理由が考えられます。

理由によって退職する時の年齢も異なり、それに適したプレゼントを贈る必要があります。

例えば結婚による退職なら、新生活をイメージさせる華やかなプレゼントが適していますし、定年退職なら品格や格式のある立派なアイテムが適しています。

もちろん好みの問題もあるので一概には言えませんが、できるだけ喜んでもらえそうなものを選ぶことが大切です。

その前に、退職祝いとして相応しくないものも覚えておきましょう。

まず現金は相手への気遣いが感じられず、特に年上の人に贈る場合は失礼に当たります。

葬儀の際に用いられる花や、苦しむという言葉に似ている櫛も縁起が悪いので贈ってはいけません。

文房具なども、今後は使う機会が少ない可能性もあるので止めておいた方が無難です。

基本的には何をプレゼントしても良いのですが、中にはこのようにマナー違反になるものもあるので注意が必要です。

お酒

定年退職の場合は、お酒や旅行券、フォトフレームや記念時計などが良いでしょう。結婚での退職なら、新生活でも使えるアイテムが喜ばれます。

カトラリーセットや食器などは、きちんとしたブランドものなら自分達で買わないことも多いので、喜ばれる可能性が高いです。

出産での退職の場合は、無事に赤ちゃんが生まれるまではベビーグッズを贈るのは止めた方が良いです。

万が一のことがあれば辛い思いをさせてしまうので、控えておきましょう。

あくまでも女性本人が使えるものや、無事に出産してから改めて贈り物をすることをお勧めします。

何をプレゼントすれば良いか分からないという場合は、貰った人が自由に品物を選べるカタログギフトがお勧めです。

カタログでは味気ないと感じる人もいるでしょうが、本人がじっくり本当に欲しいものを選ぶことができるので意外と喜んでもらえます。

花束

味気なさが気になる場合は、カタログギフトだけでなく一緒に花束を贈ると良いでしょう。

花束を贈る場合は、あまりに大きなものをプレゼントすると持って帰ったり世話をするのが大変なので、プチブーケのようにコンパクトなサイズにしておいた方が無難です。

ただ、退職祝いとしては適していない花もあるので、花屋さんに退職祝いであると伝えてセレクトしてもらってください。

普通の生花でも構いませんが、ブリザードフラワーなどずっと枯れない花もお勧めです。

最近ではオシャレなブリザードフラワーもたくさん売られているので、インテリアとしても人気があります。

いつまでも思い出として飾ってもらえるので、こちらも検討してみると良いでしょう。

このように女性の退職祝いには様々なプレゼントが考えられますが、大切なのは女性の好みや事情などをよく考えるということです。

メッセージカードを付けることで、女性への感謝の気持ちを伝えることもできます。

お金をかけるだけではなく、細かな部分にまで気配りを見せることでより女性に喜んでもらうことができるでしょう。