退職祝いで渡す花は何がいいか

退職

退職祝いはこれまでお世話になった人へ感謝の気持ちを伝えて、人生の新たな門出を祝うものです。

これまで一緒に仕事をし、毎日顔を合わせていた人に会えなくなってしまうのは寂しいですが、退職というのは人生の新たな門出でもあることから、これまでの功績をたたえて、感謝の気持ちを込めてお祝いの花をプレゼントしたいものです。

退職祝いの花を渡す際には、個人からではなく部署や課などのグループ単位で贈ることが多く見られます。

もしもグループで送る場合には1万円から3万円ほどで、一人当たり500円から3000円ほどを目安に花束を注文しましょう。

個人的に花を贈るのであれば3000円から5000円ほどが相場となっています。

退職祝いで渡したい花としては、やはり多く選ばれているのがバラと言えます。

老若男女問わずに喜ばれるのが真っ赤なバラの花束と言えるでしょう。

真っ赤なバラの花束には情熱や愛情などの花言葉が込められていて、これまで一生懸命仕事をしてきた様子を伝えることができるでしょう。

また新しい人生の門出にはふさわしい花と言えます。

ピンクのバラ

そして女性の上司や同僚に送るのであればピンクのバラもお薦めです。

ピンクのバラには感謝や温かい心などの花言葉があるので、ピンクのバラだけで花束を作ってみるのもよいでしょう。

またピンクのバラにカスミソウやガーベラなどを組み合わせても、すてきな花束に仕上げることができます。

そして心からの尊敬や、清純などの意味をもつ白いバラも、尊敬する上司に日ごろの感謝の気持ちを込めて贈る花としては最適です。

色がたくさんついている花は恥ずかしいと思う男性も多いので、特に男性へのプレゼントにはお薦めと言えます。

オレンジのバラには絆や信頼などの花言葉があります。

明るいビタミンカラーの花束を作ることができるため、贈る相手に元気を与えることもできるでしょう。

バラ以外の花を選ぶのであれば、ユリの女王ともよばれているカサブランカを選んでみましょう。

カサブランカには威厳や純潔、高貴などの花言葉があり、花びらが大きくインパクトも高いので、花束を華やかにすることができます。

カサブランカだけの花束を作るのもよいですが、花粉が気になる場合には事前に取り除いてもらうと安心です。

ひまわり

そしてあなただけを見つめているなどの花言葉を持つひまわりもよいでしょう。

退職祝いとしては合わないと感じる人もいるかもしれませんが、黄色の元気なイメージから若い人へのプレゼントにも喜ばれています。

あまり花が得意ではないという人にも贈りやすいので、人気が高まっています。

希望や優美などの花言葉を持つトルコキキョウは、花の色が非常に豊富であるため、相手のイメージに合った花束を作ることができるでしょう。

ゴージャスな八重咲きや、かわいいフリル咲きなど様々な形があるので、相手のイメージに合ったものを選んでみると素敵な花束を作ることができます。

これまでの功績をたたえて感謝の気持ちを込めて退職祝いの花束を贈りましょう。