還暦のプレゼントする時におすすめのハンカチ柄

特別な誕生日となる還暦は大変おめでたいことですが、いざ身近な人やお世話になっている人が迎えた時には、何をプレゼントすれば良いのかで悩むことになるのではないでしょうか。

一昔前は還暦となれば、かなり高齢者というイメージがありましたが、近年ではかなり元気で若々しい人が多くなっており、年寄り扱いするようなものを贈ることは失礼に当たってしまうので気をつけなくてはなりません。

男性や女性問わず、無難で喜んでもらえる便利なアイテムといえば、やはりかハンカチではないでしょうか。

漢字で手巾と書くことから、手切れを連想させ縁切れと結びつくとされているため、贈り物には相応しくないとされていました。

しかし今の時代は、それほど形式にこだわらない人が多くなっており、特に問題ではないといえます。贈る際には、デザインに注目しておくようにしましょう。

還暦祝いと言えば、一昔前ならば赤いちゃんちゃんこを思い浮かべる人が大半でしたが、今の時代は赤ちゃんちゃんこは喜んでもらいにくいアイテムの一つです。

しかし、やはり赤いというイメージは根強いことから、ハンカチも赤を基本としているデザインが喜ばれます。おめでたいということから、鯛の刺繍がされたものもオススメです。

それ以外にも、お祝い用にするために贈る相手の名前を刺繍してくれるところもあり、還暦祝いに選んでもオリジナリティーが出て喜んでもらえます。

赤いハンカチならば、いつでも使ってもらうことができ、オリジナリティーに溢れているデザインならば確実に喜ばれます。素材にも注目しておくようにしましょう。

現在では急速に人気となっているガーゼもおすすめで、吸水性に優れているのはもちろんのこと、手触りも優しく近年では種類も増えています。

還暦となれば和のテイストを感じることができる菊や桜、うさぎや沈丁花、百合やバラといった和風の柄はガーゼ素材にもピッタリといえます。

好みが分からない相手にプレゼントする場合は、基本的にはシンプルなデザインのものが良く、男女問わずできるだけ落ち着いた色合いの物にするというのも一つの手段です。

ワンポイント程度の柄がならば使いやすく、シーンを選ばず使ってもらうことができます。

贈る相手が男性の場合は、紺色などが適しており、女性の場合は白や薄いピンクなど淡いトーンは使いやすい傾向にあります。

贈る相手のイニシャルや名前などを刺繍したり、相手の好みがわかるならば、相手の好みに応じた柄を選ぶようにしましょう。

どのようなデザインかにより、使ってもらえるかどうかには違いが生まれます。

還暦という特別な誕生日の贈り物ということもあり、気合いをいれて豪華なデザインのものを選んでしまう人も多いですが、年齢と持つ人に合わせた柄にしておくことも大切です。

豪華なハンカチが良いと感じた場合には、デザインを派手にするのではなく素材を良いものにしておくと、喜んでもらえるのでオススメです。

参考記事→還暦のプレゼントをする時のおすすめのハンカチ柄とは?柄の選び方や意識するポイント